セミントラ院内セミナー

2014年8月22日

新しく発売された慢性腎不全薬 セミントラについてのセミナーを
ベーリンガーインゲルハイムの碇様に行っていただきました。

セミントラは動物薬で初のARB(アンジオテンシンⅡタイプ受容体阻害薬)で、
腎臓病の動物の尿蛋白漏出を抑制します。ピンポイントに受容体をブロックするため、副作用が少ないと考えられています。

また、無味無臭の液剤で口にしやすく、
国際猫学会の”Easy to give award”(あげやすいで賞)を獲得したお薬でもあります。

お薬が苦手なコにもおすすめです。

(関連リンク:より良い診療を行うために)