猫ちゃんの診療について

2Fが猫ちゃん専用のフロアになっています。

猫ちゃんには病気を我慢してしまう性格があります。症状が出てしまった時には既に病状が進行してしまっていることも多いです。そこで予防にいらっしゃった猫ちゃんにもしっかりと健康チェックを行い、病気の早期発見を目指しています。また、定期的な健康診断をオススメしています。

 

より良い診療への取り組み

当院では猫ちゃんにとってより良い診療を目指し取り組んでいます。

☆猫ちゃんのストレス軽減への取り組み。

・診察室を分ける。

猫ちゃんによっては、犬の声やにおいが苦手な子もいます。なるべく病院に来ることが猫ちゃんにとってストレスにならないよう、犬と診察室を分けることで、よりリラックスできる環境を作っています。

・猫専用フェロモン剤(フェリウェイ)の設置。

猫に安心感を与え、気持ちを落ち着かせる効果が期待できる。

☆猫ちゃんに関する学会、セミナーへの積極的な参加。

☆入院室も他の動物種とは完全に独立した猫ちゃん専用のお部屋があります。

☆猫好きのスタッフが多くスタッフ一緒に暮らしている猫ちゃん 約30頭(2018年7月現在)

ページ下部にスタッフの猫ちゃんの写真も掲載しています。

 

猫ちゃん専用フロアリーダー獣医師のご紹介

岩間 優子

慣れない病院に来てストレスを感じないように、安心出来る猫フロアを作っていきます。

 

 

 

2F 猫ちゃん専用のフロアのご紹介

枠内が猫ちゃん専用フロア

外観の2Fに枠が囲んである

猫ちゃん専用フロア見取り図 2F

フロア見取り図です。猫専用入院室が全9室、待合室、ネコ専用診察室が2部屋あります。

待合室

長椅子と猫関連の雑誌や本が置いてあります。

診察室

 

スタッフの猫ちゃん紹介

猫好きのスタッフが多く、スタッフと一緒に暮らしている猫ちゃんの写真です。

猫のギャラリー。たくさんの猫がいます。
猫のギャラリー。たくさんの猫がいます。
猫のギャラリー。たくさんの猫がいます。
猫のギャラリー。たくさんの猫がいます。
猫のギャラリー。たくさんの猫がいます。
猫のギャラリー。たくさんの猫がいます。

猫好きスタッフが皆さんの来院をお待ちしております。