猫の診察室について

猫の診察室として気をつけていること

① ストレスを最小限に

猫ちゃんによっては、犬の声やにおいが苦手な子もいます。なるべく病院に来ることが猫ちゃんにとってストレスにならないよう、犬と診察室を分けることで、よりリラックスできる環境を作っています。

 

② 病気の早期発見・早期治療

猫ちゃんには病気を我慢してしまう性格があります。症状が出てしまった時には既に病状が進行してしまっていることも多いです。そこで予防にいらっしゃった猫ちゃんにもしっかりと健康チェックを行い、病気の早期発見を目指しています。また、定期的な健康診断をオススメしています。

 

猫ちゃんを病院に連れてくるために・・・

猫ちゃんには警戒心が強く病院嫌いになりやすい性格があります。病院嫌いになると、病気にかかった時に最善の治療が行えないことや、病院に来て興奮することが病状を悪化させてしまうこともあります。猫ちゃんに病院に慣れてもらうことでより良い関係を築きましょう。

 

<STEP1:キャリーに慣れる>

猫ちゃんによってはキャリーを見るだけで逃げてしまう・・・なんて子もいると思います。まずは「キャリー=怖い」という概念をなくすため、普段の生活にキャリーを取り入れ、「キャリー=居心地の良い場所」に変えていきましょう。

cat-1 cat-2

・キャリーは上半分が外れるタイプのものがおすすめです。

・キャリーには臭いのついたタオルやお気に入りのおもちゃを入れておきましょう。

・キャリーの置き場は、普段その子がよく寝ている場所や、遊んでいる場所に置きましょう。

・はじめはキャリーの上半分をとった状態で置いておくのがおすすめです。

 

<STEP2:車や移動に慣れる>

車に乗ると興奮して鳴き続けてしまう子も多くいます。また普段、お家に中にいる子はお外に出ることでも興奮してしまいます。まずは外に出る練習をしましょう。

・車に乗ってその子が喜ぶことをしてあげましょう。例) おやつを与える、遊んであげる、グルーミングをしてあげる

・はじめは車に乗ることから開始し、徐々に距離を伸ばしていきましょう。

 

<STEP3:病院に慣れる>

当院では、爪切り、ブラッシング、お耳掃除、歯の磨き方など普段のお手入れ法もお教えしていますので、日常のお手入れや体重チェックで、普段から病院に来てもらうことで、病院に慣れましょう。普段のお手入れをお家でも行うことで、病院内で同じことをされても緊張しないようにしていきます。