麻酔について

目次

当院の麻酔に関する考え

なぜ麻酔が必要なのか?

麻酔方法・種類はどのようにして決定する?

モニタリング

動物の痛みや不安の管理

 

当院の麻酔に関する考え

OLYMPUS DIGITAL CAMERA当院では、動物に麻酔をする際に一番大切にしていることは、患者である動物の安全を守ることと考えています。動物の安全を守るためにいかにして危険を避けるか?を麻酔における重要項目としています。

なぜ麻酔が必要なのか?

手術などにより強い痛み(肉体的ストレス)が加わると生体は痛みに対し適応しようとしますが、次第に適応しきれず様々な臓器の機能が失われてしまいます。(ショック状態)

よって、強い痛みなどの肉体的ストレスによるショック状態を避けるために、麻酔は、意識の消失(鎮静)や痛みの消去(鎮痛)によりストレスを除去するために必要です。

 

麻酔方法・種類はどのようにして決定する?

麻酔の方法や麻酔薬の種類の決定は、

1)動物側の要因  年齢、動物の性格、持病、手術の痛みの程度 など

2)獣医師側の要因 使用できる設備や装置、薬の種類 など

を考慮して十分に患者を管理でき、痛みを防ぎ、安全が確保できる最適な麻酔方法を決定します。当院では、必要な手術前検査、使用できる設備、薬の種類の充実を心がけています。

 

麻酔設備および麻酔薬の一例

num-1人工呼吸器

 

 

 

 

num-2複合モニタリング装置(心電図、血圧等)

 

 

 

 

num-3ガス麻酔薬(インフルラン)

 

 

 

 

 

num-4プロポフォール

 

 

 

 

 

モニタリング

当院では安全な麻酔維持の確保のために行っていることのひとつに、徹底したモニタリング(看視)を心がけています。モニタリングの目的は麻酔中の危険を察知し、それを避け、麻酔中の動物の命の安全を確保することです。獣医麻酔外科学会 麻酔・疼痛管理専門部会推奨のモニタリングを実施しています。

 

1)麻酔看視係の配置と麻酔記録

麻酔看視係が1人以上つき、動物のデータや状態などを記録する麻酔カルテを作成

 

2)五感を用いたモニタリング

人の五感のうち、聴覚、視覚、嗅覚、触覚を用いて動物の状態を看視

例 心臓の音、呼吸状態、血流の状態が分かる粘膜の色、脈圧、筋肉の緊張など

 

3)循環のモニタリング

血液の流れや量の変化を看視、

心電図、血圧計、尿量の写真

 

4)酸素化のモニタリング

動物の体が酸素を取り込み、どの程度酸素で満たされているかの看視

パスルオキシメーター

 

5)換気のモニタリング

酸素や二酸化炭素、麻酔薬が生体内で正しく吸収、排泄されているかの看視

気管チューブ、カプノメーター、換気モニター、パルスオキシメーター

 

6)体温のモニタリング

体温計

 

7)筋弛緩のモニタリング

 

8)麻酔回復期のモニタリング

麻酔終了後に動物の意識レベル、呼吸状態、体温が安定するまでの看視

 

動物の痛みや不安の管理

痛みや不安によるストレスは麻酔後、手術後の問題を引き起こす大きな原因となります。また、手術後の痛みをできるだけ少なくすることが、傷や身体全体の回復を早めると考えられています。当院では、多くの種類の鎮痛剤を組み合わせる事でより効果的な痛みの管理(マルチモーダル鎮痛)を手術の準備段階から行っています。

 

鎮痛剤

非ステロイド系消炎鎮痛剤

局所麻酔薬

麻薬性オピオイド

非麻薬性オピオイド

NMADA受容体拮抗薬

鎮静剤